3R-WM401PCTV ワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデル(200倍)

ワイヤレスデジタル顕微鏡PCTV

特徴

場所や用途に合わせて使い分けできる
pctv接続イメージ
1台で2通りの機能が使え、コスト削減が可能

ワイヤレスデジタル顕微鏡TVモデルは生産現場やフィールドワークで活躍するコンパクトな専用モニタが付属しており、複数台で同時観察が可能なため、特に現場などで活躍しますが、それだけは機能面で不十分に感じる方もいるのではないでしょうか?そこでおすすめなのが、このワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルです。TVモデルにはない、ソフトウェアによる計測機能がPCモデルに搭載しており、TVモデル、PCモデルをそれぞれ組み合わせて、両方の機能を1台の顕微鏡で使用できます。そのため2台購入の必要がなく、場所や用途に合わせて使い分けができます。

邪魔なコードによるストレスを軽減
受信範囲画像
コードによるストレスを感じずに観察でき、対象物を自由に観察

ハンディタイプの顕微鏡は他にもありますが、映像を映し出す画面と顕微鏡本体がコードで接続されている有線式の顕微鏡ではコードが邪魔になり、肌や頭皮、基盤や機器など、自由に対象物を見ることが難しい場合がありました。しかし、このワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルなら、無線でPCや専用モニタに映像を映し出すことができるため、観察中もコードを気にせず自由に対象物を見ることができます。PCに繋ぐ専用レシーバーと、専用モニタの映像の受信範囲は約5m以内で、顕微鏡本体と少し離れた場所でも映像を確認することができます。

隙間画像
狭い場所や隙間でも観察可能

従来の据え置き型などの顕微鏡は大きく、決められた場所でしか観察することができなかったのではないでしょうか?また有線式ハンディタイプの顕微鏡もコードがあるので観察範囲は限られていました。しかしこのワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルはコードがないハンディタイプなので現場や屋外、狭い場所や隙間などでも観察できます。

等倍~最大倍率約200倍まで観察可能
倍率画像
様々な対象物を観察できる

様々な対象物を観察できるよう、このワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルの最大倍率は約200倍と、本格的な顕微鏡に匹敵するほどの倍率で観察することができます。部品や機器などの工業用製品の検品から、肌や頭皮などの美容系、食品の異物混入検査、印刷の網点確認、生物や植物などの研究まで幅広い分野で活躍します。

レンズカバー画像
レンズカバーを装着 

このワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルは単焦点のため、合わせる倍率によって対象物までの距離が異なります。観察したい倍率に合わせて付属のレンズカバーを付け替えて使用し、レンズカバーと対象物を接触させると焦点が合いやすくなります。また倍率ダイヤルで焦点の微調整ができます。

顕微鏡の映像を静止画・動画で保存
撮影画像
複数人と共有でき資料作成が簡単にできる

「今見ている映像を後から見直したい」「他の人とデータとして共有したい」と思ったことはありませんか?映像を保存できると資料作成や、会議などに役立てますよね?しかし、実際に見た映像を撮影し、保存できる機能は従来の顕微鏡ではあまりありませんでした。ですが、このワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルには今までの顕微鏡ではできなかった静止画・動画の撮影、保存が簡単にできます。保存した静止画・動画は撮影後にすぐ見直すことができます。

LED画像
明るさ調整可能なLEDライト

このワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルの本体にはLEDライトが8個搭載されていて暗い場所でも対象物を明るく照らし出すことができます。しかし、対象物によっては明るすぎて見えにくいこともありますよね?そのようなことが起きないよう対象物や観察環境に合わせて手動で明るさを調整できます。

軽量で持ちやすい重さ約80gの本体
軽量画像
手に収まり持ちやすい

ワイヤレスの顕微鏡でも、本体が大きいと持ちにくく、さらに一般的な顕微鏡などの精密機器はずっしりと重たいイメージがありますよね?そのような顕微鏡は、長時間持ち続けると手が疲れてしまいます。しかし、このワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルは女性でも持ちやすく手に収まるコンパクトなサイズ。また、顕微鏡とは思えない驚きの軽さで、長時間持ち続けての作業も苦痛に感じません

充電画像
電池が切れて使えない心配がない充電式

観察場所や対象物を選ばずに使えるのには、もう1つ理由があります。それはこのワイヤレスデジタル顕微鏡PCTVモデルが充電式だからです。充電式なので使用時に電源ケーブルが必要なくコンセントが届かない場所コンセントがない屋外でも自由に使うことができます。家庭用コンセントから充電できるので、電池タイプのように使いたいときに電池切れで使えないという心配もいりません

どこでも観察可能な専用モニタの機能をご紹介

専用ソフトウェアで計測ができるPCならではの機能をご紹介

PCタイプには専用ソフトウェア上で使用できる便利な機能が充実

3R-MSHOLDER ストラップホルダー

構成・オプション

  • 200倍顕微鏡本体
  • 200倍モデル用レンズカバー(60&200倍用/80&150倍用/100倍用)
  • AC/USB変換アダプタ
  • 専用モニタ
  • 専用モニタ充電ケーブル
  • 専用レシーバー
  • miniUSBケーブル
  • コンポジットケーブル
  • 簡易スケール
  • ホルダー
  • 本体スタンド
  • モニタ用スタンド
  • MicroSDカード(2GB)
  • 顕微鏡本体充電ケーブル
  • ソフトウェアCD
  • 取扱説明書兼保証書
同梱物一覧

仕様

●製品仕様
イメージセンサー 約35万画素CMOSセンサー
静止画記録サイズ 720×480,640×480,320×240
動画記録サイズ 720×480,640×480,320×240(最大30fps)
光源 高照度白色LED×8
無線方式 2.4GHz無線方式4チャンネル(送信機/受信機)
受信範囲 約5m
レシーバー接続方式 USB2.0/1.1
倍率 10~200倍(15インチ液晶モニタの場合)
電源方式 充電式(リチウムイオンポリマー充電池)
充電時間 約3時間
駆動時間 最大5時間
充電可能回数 約500回
消費電力 最大0.75ワット
焦点調整範囲 8~300mm
充放電回数 約500回(平均)
外形 約φ36×135mm
重量 -

専用モニタ

液晶部 3.5インチTFT液晶
解像度 320×240
ビデオ形式 PAL/NTSC
使用周波数 2414MHz,2432MHz,2450MHz,2468MHz
供給電圧 5VDC
消費電流(最大) 500mA
充電時間 約3時間
稼働時間 最大2時間
静止画/動画解像度 640×480
動作サイズ 27Mバイト/分
フレームレート 最大30fps
出力信号レベル 0.91.3VP-P@75ohm
受信感度 <<-85dbm
外形 100×75×25mm
重量 140g
動作可能温度 -10℃~50℃
動作可能湿度 15~85%RH

付属ソフト(Anyty VIEW)の動作要件

※本製品のソフトウェアの対応OSは今現在(2017年6月)Windows7です。

最新の対応状況については弊社ホームページのサポート情報内の対応情報をご覧下さい。

●最低動作要件
対応OS Windows7 (32bit/64bit) WindowsXPSP2以上、Vista 共に32bit版のみ
CPU Pentium Ⅲ 600Mhz 相当以上のCPU
光学ドライブ 必須
メモリ 256MB以上の物理メモリ
保存領域 100MB以上の空き容量
接続方式 USB1.1/2.0
表示領域 15インチ(XGA)以上の表示領域
グラフィック機能 16bitカラー以上のグラフィック機能
実行権限 ソフトウェアのインストールと実行に管理者権限が必要な場合があります
●推奨動作要件
CPU Pentium4 1.6Ghz相当以上のCPU
メモリ 512MB以上の物理メモリ
保存領域 10GB以上の空き領域
表示領域 17インチ(SXGA)以上の表示領域
グラフィック機能 16bitカラー以上、ビデオメモリ64MB以上のグラフィックカード

導入事例

  • 製造
  • 機械
部署 用途
技術部 海外工場と国内技術部をリアルタイムでつなぎ、部品の組立時の人の動きや部品の付ける順番が合っているか確認する
技術部 基盤のVラインなどの確認
技術部 自動車部品シフトスイッチの確認
部署 用途
航空技術課 板金の仕上がりを確認するのに使用。カーブを描いた部分でもしっかりと焦点が合うところが良い
トラクタ課 重機の部品を見るのに使用。撮影機能があるのが良い。
品質管理部 工場内で異物購入がないかの確認に使用。PCモデルを用いてデスクトップ共有ソフトを使用し、海外工場とのやりとりにも使用
品質管理部 外注の電子部品の検品に使用。報告書を添付するために部品の測定なども行っているのでPC、TV両方とも購入

おすすめ商品動画!!

  • 商品動画準備中です。しばらくお待ちください。
  • 商品動画準備中です。しばらくお待ちください。

顕微鏡のご注文・お問合わせ・お見積り・テスト機貸し出しはお気軽にご連絡下さい。

顕微鏡はスリーアールソリューションへ TEL:092-260-3030 9:00-18:00(平日) FAX:092-441-4077 24時間受付