Φ14mm管内カメラ 3R-FXS07

配管内部が観察しやすく検査結果も残せる

特徴

長い配管の奥まで検査できる
長いケーブルイメージ
最長40mの長いケーブルで水道管や排水管検査ができる

配管は1度設置してしまうとなかなか取り外したり動かしたりすることが難しいですよね?しかし、配管は水道管や排水管のように水が流れたり、工場によっては製造工程の一部で食品や化学薬品を流したり、電気配線やケーブルの保護で使っているため汚れがたまりやすく定期的なメンテナンスを怠ることができない場所です。

こんな場所の検査で活躍しています
先端カメラ外径14mm

配管には使用する場所やその用途によって様々な種類やサイズの配管がありますよね?この検査カメラはカメラ外径が14mm/焦点距離が約6~10cmであり、φ40~100mmの配管でお使いいただけます。また、内径40mmの配管で90度のエルボ(曲がり角)を2回通過することができます。

エルボ通過イメージ
配管内イメージ映像
真っ暗闇の配管内部がはっきり見える明るさ

長い配管の奥は光が入らない真っ暗闇の状態ですよね? そんな配管の中を検査するには暗闇をはっきりと照らし出す明かりが必要です。
この検査カメラには、白色LEDが6個ついているので配管内部を明るく照らすことができます。 配管内の様子がよく見えるので、小さな配管の亀裂やひび割れも見逃しません

インチの大型モニタに映像を映す
7インチモニタイメージ
7インチの大型モニタで作業中も画面が確認しやすい

モニタの映像を確認する際には、小さいモニタよりも大きい方が見やすいですよね?
特に管内カメラのような大きな検査器具は、モニタを手で持つことができず地面に置いて使う ため、モニタを遠目から見ることになりモニタの大きさが観察のしやすさに大きな影響を与えます
この管内検査カメラは7インチ(横15.47×縦8.71cm)の大型モニタを搭載しているため作業中でもモニタで映像を確認しやすくなっています。

テレビモニタにも映像を出力できる
38万画素の映像イメージ
約38万画素でモニタに映像を映し出す

この管内カメラのモニタの画素数は、約38万画素です。 配管用カメラの中には、もっと高い画素数のカメラもありますが、 配管などカメラから近い距離で観察するには充分な画素数です。

メーターカウンター

配管などの管は、外側からでは中の様子が全く分からないですよね?
配管カメラはそのような外からは状況が分からない配管の中にケーブルを入れて検査をするのですが、 それだとカメラが配管内のどこを映しているのか分かりません
そこで、この管内カメラではメーターカウンターを採用。ケーブル先端がどこにあるかモニタ 上で一目で分かるようになっています。

メーターカウンター
カメラの向きを変えずに見やすい向きに映像を反転

モニタに映っている映像を見やすい向きにしたい時、実際にカメラの向きを変えれば見たい方向に向けることができます。 しかし、管内カメラのようなケーブルの長いものでは実際のカメラの向きを変えることはとても困難です。
そこで、この管内カメラではカメラの向きはそのままで、モニタに映る映像を反転して見ることで見やすい向きに映像を調整することができます。

反転イメージ モニタ・リモコン操作内容
静止画・動画撮影でき、結果を残せる
実際の撮影画像
観察結果をデジタルデータとして保存できる

検査をする時には、その場で見ることはもちろん検査後に結果を報告したり、共有したりする必要がありますよね?
その際、検査時に撮影した静止画や動画があると検査時の様子を自分自身が鮮明に思い出すことができるだけでなく、 報告をする際にも口頭だけより画像や動画があるほうがより多くの情報を正確に伝えることができます。
特に定期的なメンテナンスをする場合などは、以前の画像と比較したりすることもでき、配管の汚れや劣化の進行具合を確認する際に役立ちます

SDカード挿入イメージ
4GBのSDカードに約5700枚保存できる

撮影した静止画(jpeg)や動画(AVI)は、SDカード内に保存されます。この管内カメラに は4GBのSDカードが付属しており、静止画であれば約5700枚の画像を保存することができます。
また、この管内カメラでは動画撮影の際に音声も録音することができます。

SDカードからのデータ取り出し方法
長い配管の奥までケーブルを押し込める
ケーブル先端
曲がっている配管内にも進入できる

配管内にケーブルを入れて行く際に、ケーブルが柔らかいと上のほうに進めたり、曲がり角や詰まっている部分を通過させることが難しい場合もありますよね?
このケーブルは張りのあるタイプなので、配管内に入れた時も進行方向に進めやすくなっています。

充電ケーブルが邪魔にならない充電式
充電イメージ
充電式で繰り返し使え、ケーブルも邪魔にならない

屋外や広い工場内にある配管の検査をする際、くに電源を確保することが難しいことも多いですよね? また、電源ケーブルがあると検査できる場所が制限されてしまうこともあります。
そこでこの管内カメラは充電式電源を使用。 1回約8時間の充電で見るだけなら約9時間/録画する場合は約7時間連続で使うことができます。
また、電池式と比べて繰り返し充電して使えるため経済的です。

コンセントでの充電
家庭用コンセントで充電

充電式だと、充電が切れたときに使えないという不安がありますよね?
この管内カメラは家庭用のコンセントで充電することができるだけでなく、充電しながらでも使うことができます。
そのため、充電が切れても充電が完了するのを待つことなく使うことができます。

カーチャージャーでの充電
車からカーチャージャーで充電できる

屋外の作業だと充電が切れた場合にコンセントから充電することが難しいですよね?
そのような場合にも大丈夫!付属のカーチャージャーを使って車から充電することができます。 車で現場へ行く場合には充電が切れても慌てることなく検査を続けられます。
また、付属のカーチャージャーは一般的な国産車で採用されている12V車からの充電に対応。トラックや外国車には対応していません。

充実した付属品付き
付属品一覧
急な破損に対応できる交換用部品付き

しょっちゅう壊れるわけではないけれど、比較的破損しやすいと思われる部品には交換用部品を準備。 通常であれば破損したときに別途購入となることが多く、費用がかかる上に、 替えの部品が届くまで検査を進められず作業が中断になってしまいますが、 この管内カメラでは予備の部品を使うことで作業を中断せず続けることができます。

交換用部品
モバイル機器の充電ができる
管内カメラでモバイル機器の充電ができる

管内カメラは充電して使うだけではありません充電する機器としても使うことができるんです。
充電バッテリー横のUSBポートに充電したい機器の充電ケーブルを差し込むことで 管内カメラからモバイル機器に充電をすることができます。 作業報告の連絡をしたいのに携帯の充電が切れた!という非常時に活用できます。

ハードケース
外部の衝撃から守り持ち運びしやすいケース

検査をするには、いつも同じ場所ではなく様々な場所に移動することも多いと思います。 そのような時には検査道具一式をまとめて運べると便利ですよね?
この管内カメラはケースの中に必要な道具が全て納まるので持ち運びに大変便利です。 また、ケース内のカメラを工場や屋外でも安心して持ち運べるよう外部からの衝撃に強い強化樹脂製ケースを採用しています。

商品内容

  • Φ14mm 3r-fxs07本体(ツールボックス)
  • カメラヘッド
  • バッテリーパック
  • ACアダプタ
  • カーチャージャー
  • リモコン
  • ケーブルホイール
  • アクセサリツール(交換用ヒューズ/替えゴム/ドライバー)
  • SDカード(4GB)
  • 取扱説明書兼保証書

仕様

ツールボックス

モニタサイズ 7インチ(16:9)カラー液晶
モニタ解像度 800×480
カメラ 1/4型CMOS
カメラ解像度 725×576
先端部外形 Ф14mm
有効長(約) 20m/30m/40m
焦点距離 6~10cm
視野角(約) 55°
光源 白色LED×6 調光:OFF+4段階
静止画保存形式 JPEG(2560×1920)
動画保存形式 AVI(1280×720 24fps)
AVI(640×480 24fps)
AVI(320×240 24fps)
AVI(720×480 24fps)
記憶媒体 SDHCカード(32GBまで)
電源 DC12V 2A 入力
バッテリ容量 DC7.4V 6600mAh リチウムイオン充電池
端子 オーディオ/ビデオ出力端子,MiniUSB端子,DC5VUSB出力端子
使用時間(約) 7時間(録画時)/9時間(再生時)
電池充電時間充電時間(約) 8時間
防塵/防滴性能 IP68(※水深10mまで)
動作温度 -20℃~60℃
動作湿度 30~90%(ツールボックスロック時)
寸法(約) 52cm×44cm×20cm(※ツールボックス収納時)
重量 10.2kg(20m)/10.6kg(30m)/11.1kg(40m)

顕微鏡のご注文・お問合わせ・お見積り・テスト機貸し出しはお気軽にご連絡下さい。

顕微鏡はスリーアールソリューションへ TEL:092-260-3030 9:00-18:00(平日) FAX:092-441-4077 24時間受付