3Rスリーアールソリューション株式会社
TEL:092-260-3030 平日 9:00~18:00
メニュー
プロフェッショナルマガジン
- Professional Magagin -
お客様の事業を支える。
課題解決をスリーアールがお手伝いします。
アルコールチェッカーの寿命を把握して定期的なメンテナンスを

アルコールチェッカーの寿命は何年?買い替え時期も解説!

アルコールチェッカーを導入した事業者の方は、アルコールチェッカーの寿命や買い替え時期について不安に感じる方も多いのではないでしょうか?

アルコールチェッカーはセンサーによってアルコールを検知しているため、センサーの寿命=アルコールチェッカーの寿命となります。

アルコールチェッカーが正しく作動しないと、仕事に支障が出てしまいますので、徹底した管理が必要です。

今回は、アルコールチェッカーの寿命や買い替え時期について解説していきます。

アルコールチェッカーの寿命・使用期限について

アルコールチェッカーには寿命や使用期限が設けられています。

アルコールを検知するセンサーの劣化や、機器そのものの劣化によって正しくアルコールを検知できなくなるのを防ぐためです。

アルコールチェッカーの寿命は大きく2つに分けられます

  • 使用年数での寿命
  • 使用回数での寿命

この項目ではそれぞれの寿命について解説していきます。

使用年数での寿命

アルコールチェッカーには使用年数による寿命が設けられていることがほとんどです。

多くのアルコールチェッカーは1年から1年半の間で使用期限が定められています。

アルコールチェッカー使用開始日や、センサーの交換日を正確に記録しておくことで使用年数による寿命を正しく把握できます。

不具合や故障を防ぐためにも、使用年数の寿命を正確に把握しておくようにしましょう。

使用回数での寿命

アルコールチェッカーは既定の回数以上の測定を行うと、センサーの劣化によって寿命が来てしまいます。

そのため、アルコールチェッカーには使用回数の限度が定められていることが多いです。

業務用のアルコールチェッカーは使用回数の限度が多い傾向があり、対して携帯式のアルコールチェッカーは使用回数の限度が少ない傾向があります。

携帯式のアルコールチェッカーを日常的に使用している場合、気づかないうちに限度回数に達し、正しい測定ができなくなってしまうことも。

使用回数を数えるのは困難ですが、一日に何回測定するかを基準に、ある程度の測定回数をチェック・把握しておくことも重要です。

センサーによる寿命の違い

アルコールチェッカーの寿命の長さはセンサーの種類によって異なります。

一般的に使用されているセンサーは次の2種類です。

  • 半導体式ガスセンサー
  • 燃料電池式ガスセンサー

それぞれのセンサーのタイプの寿命を知ることで、使用する用途に合わせてアルコールチェッカーを選ぶことができます。

半導体式ガスセンサー

半導体式ガスセンサーは、半導体の表面に吸着している酸素にアルコール成分が反応することで測定できるセンサーです。

一般的にアルコールの反応感度が高いものの寿命が短くセンサーの付け替えができないタイプが多いです。

燃料電池式ガスセンサー

燃料電池式ガスセンサーはアルコールに反応して電流が生じるセンサーを使用することで、アルコールを測定しています。

定期的にメンテナンスが必要になるものの、長期的に見た耐久性は半導体式ガスセンサーに比べて高く、長持ちする傾向にあります。

アルコールチェッカーの寿命が切れてしまうとどうなるか

アルコールチェッカーの寿命が切れてしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。

寿命が来ているのにも関わらず使用を続けていると、次のような不具合を起こす可能性があります。

  • 正確な測定ができなくなる
  • 測定した数値を正しく記録できなくなる

また、センサーが交換できるタイプのアルコールチェッカーは寿命が来たタイミングでセンサーの交換も必要になります。

センサーが交換できないタイプでは買い替えを検討しましょう。

それぞれについて詳しく見ていきます。

正確な測定ができなくなる

アルコールチェッカー内部のセンサーの寿命が来てしまうと、正しい測定ができなくなってしまいます。

センサーの不具合によって、アルコールが呼気に含まれていないのに高いアルコール数値が出てしまったり、逆にアルコールが呼気中に含まれているのにも関わらずアルコールの数値が出なくなったりしてしまいます。

正確な測定ができないと運転業務中の事故や過失につながってしまう恐れも。

そのような事態にならないためにも寿命はしっかりと確認しておきましょう。

測定した数値を記録できなくなる

業務用のアルコールチェッカーには、測定した数値を別データに記録する機能がついているものがあります。

アルコールチェッカーの寿命が来てしまうと、測定した数値が正しくデータに記録できなくなってしまい管理ができなくなるのです。

記録が正しくできていないと、検査結果の報告をしなければいけない場合に正しい結果を報告できなくなってしまいます。

点呼の際に記録する「点呼記録簿」は1年間保管しなければいけない義務があるため、虚偽の結果を残さないようにも適切なタイミングでセンサーの交換や買い替えを検討する必要があります。

センサーの交換が必要になる

アルコールチェッカーによっては、センサーの交換が可能なタイプがあります。

寿命が来たタイミングでセンサーの交換が必要です。

アルコールチェッカーのタイプに合わせたセンサーを用意しておく必要があるため、使用期限や使用回数限度をよく確認しておく必要があります。

不具合が出てからでは、センサーを交換するまで業務に支障が出てしまうこともありますので注意しましょう。

アルコールチェッカーの買い替え時期

アルコールチェッカーを買い替えるタイミングは、「寿命が来たタイミング」「不具合が出たタイミング」の2つがあります。

正しい時期に買い替えを行わないと、故障につながってしまう恐れもあります。

また、センサーを交換できるタイプのアルコールチェッカーはセンサーの交換タイミングを告知してくれるものも多く、そのタイミングで買い替えやセンサーの交換が必要です。

詳しく見ていきましょう。

寿命が来たタイミング

センサーの交換ができないタイプや持ち運びができるタイプのアルコールチェッカーは寿命が来たタイミングで本体ごと買い替える必要があります。

寿命が来ている場合はいつ不具合が出てもおかしくない状態です。

精密機器のため、何かのきっかけで急に故障してしまうこともあります。

実際に不具合が出ていない場合であっても、寿命が来ている場合は買い替えるようにしましょう。

故障や不具合が出たタイミング

各メーカーが定める寿命が来ていない場合であっても、故障した場合や不具合が少しでも出た場合は買い替え時期の合図です。

不具合が出ているのにそのまま使用し続けていると、正しい測定ができなくなってしまいます。

ボタンが反応しづらいなどの軽微な不具合であっても、正しく動作できていないため、迷わずに買い替えるようにしましょう。

センサー交換の告知タイミング

センサーの交換ができるアルコールチェッカーには、センサーの交換時期をランプなどで告知されるタイプがあります。

使用した回数によってアルコールチェッカー本体から告知されるものや、使用期間によって製造元から郵送で告知される場合もあります。

そのような告知が届いた場合は、たとえ不具合が出ていない場合であってもすぐに交換が必要です。

交換の告知が来たら、後で解説する交換方法に従って正しくセンサーの交換をするようにしましょう。

寿命を迎えたアルコールチェッカーの交換方法

寿命が来たアルコールチェッカーは、センサーを交換することで引き続き同じ機器で測定を行うことができます。

手順を追って交換方法を解説していきます。

  1. メーカーや製造元に連絡する
  2. アルコールチェッカーを送付する
  3. センサーを交換してもらう
  4. 交換したアルコールチェッカーを送付してもらう

使用期限や使用回数により寿命を迎えたアルコールチェッカーは、製造元に送ることで新しいセンサーに取り替え可能です。

事前に寿命が来ている旨を製造元に連絡し、機器を送付するようにしましょう。

不具合や故障による修理や交換も同様の手順で行うことができる場合が多いです。

アルコールチェッカーは非常に精密な機器のため、専門知識がある場合であっても自身で交換しないようにしましょう。

交換に関する正しい情報はアルコールチェッカーのメーカーに問い合わせるか、購入時に同封されているマニュアルを読むことで知ることができます。

適切な時期に正しくアルコールチェッカーのセンサーを交換して、機器を長持ちさせましょう。

アルコールチェッカーは定期的なメンテナンスが大事

アルコールチェッカーは精密機器のため、寿命が来たタイミング以外でも定期的なメンテナンスが大事になります。

メンテナンス内容は主に正しいタイミングでセンサーを交換することですが、周辺にホコリが溜まらないようにすることはもちろんのこと、機器の手入れもメンテンナンスの一つです。

また、2022年10月に行われる道路交通法改正により「自動車を5台以上保有する事業所」にアルコールチェッカーの使用が義務付けられたことからも、定期的なメンテナンスは非常に大事になってきます。

10月以降の義務化の予定が当分延期となりました(2022年7月14日警察庁発表)。

アルコールチェッカーが予期せぬタイミングで故障してしまった場合、業務のための運転ができなくなってしまいます。

定期的なメンテナンスをすることにより、運転業務が安全にできるだけでなく業務をスムーズに行うことにもつながります。

アルコールチェッカーを長く使用するためにも、定期的にメンテンナンスするようにしましょう。

まとめ:アルコールチェッカーの寿命をチェックして適切な時期に買い換えよう

アルコールチェッカーの寿命についてよく知ることで、運転による事故や過失を防ぐだけでなくアルコールチェックの数値を正しく記録することにもつながります。

使用しているアルコールチェッカーの寿命をよく調べるとともに、定期的なメンテナンスが大事です。

寿命が来てしまったアルコールチェッカーは適切な時期に買い替えて、不具合や故障を未然に防ぎましょう。

ご購入をご検討のお客様へ

課題解決をスリーアールがお手伝いします。お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら
  1. お見積りはもちろん無料
  2. 全国どこでも導入可能
  3. アフターサービスも万全
  4. 専門スタッフが課題を解決
pagetop